女性ホルモンは女性の薄毛とどんな関係があるの?女性の薄毛には女性ホルモンのエストロゲンが大きく関与!

女性の身体には、二つの女性ホルモンが大きく関連しています。その一つはエストロゲン、もう一つはプロゲステロンといいます。

この二つのホルモンは女性には欠かせないホルモンなのですが、実は女性の薄毛に大きく関連していると言います。その薄毛と女性ホルモンの関係をご紹介します。

髪の毛が気になってしょうがない女性

・女性ホルモンのうちエストロゲンが大きく影響する
二つの女性ホルモンのうち、エストロゲンは抜け毛に大きく関係しています。女性であれば、生理周期の前半、つまり生理開始から排卵日までエストロゲンが大きく働いているのですがこの期間に、髪の毛のつやや張りが良いと感じたことはあるでしょう。

実はエストロゲンは、髪の毛を健康に保つように働いてくれるのですね。しかしこのエストロゲンが、何らかの影響で減少してしまうと、減少してしまうために抜け毛が増えるという状態になるのです。抜け毛が増えると女性の薄毛が深刻化してしまいます。

・女性ホルモンが減少する原因は何?
女性ホルモンであるエストロゲンが減少する理由はいくつかあります。ホルモンの分泌は非常に繊細なので、少しの出来事にも影響を受けることがあります。

例えば、ダイエットで体重が減少してしまったという時、またストレスが多い時、また仕事が忙しく生活が不規則になった時にもホルモンの乱れがあります。

また女性は妊娠や出産、授乳などの影響でもエストロゲンは大きく変化し、抜け毛や薄毛に影響をするのです。

・エストロゲンを保つためにはどんなことができるの?
ホルモンは加齢により、少しずつ減少していくので、少しずつ薄毛が進んでしまいます。しかしその進行を少しでも食い止めるためにできることもあるのでご紹介しましょう。

それが、イソフラボンを摂取するということです。エストロゲンとイソフラボンは、似たような構造をしているので、体内に入った時にイソフラボンがエストロゲンのような働きをしてくれるのですね。

このイソフラボンは、大豆食品に多く含まれています。例えば、豆乳や豆腐、納豆やみそなどです。手軽に取ることのできる物はサプリですが、日常生活に上手に取り入れて摂取を心掛けると良いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ